乳酸菌イメージ

自分に合った乳酸菌をみつけましょう

自分に合った乳酸菌をみつけましょう。
私の場合は子供のころから便秘体質でした。
野菜嫌いのために繊維質が足りなかったせいもあるのですが、ひどい時には1週間以上出ないためにお腹が痛くなり、病院に行って浣腸をしてもらったこともありました。
大学に入ってからは、一人暮らしをするようになり何とか野菜を食べるようになったのですが、便秘はあまり改善されませんでした。
それでも、勉強やアルバイトが忙しいこともあり、便秘であることをあまり気にしていませんでした。
そして、社会人になってからが大変でした。
私は毎朝、満員電車に揺られて約1時間半かけて出勤していました。
毎朝決まった時間に排便が無いために、排便をしないまま電車に乗ったりすると途中で便意を催すことがあるのです。
我慢できないときは途中下車をしてトイレに駆け込んだりしていました。
そして、せっかく便意があっても、電車に乗っていることから我慢してしまい結局出ないままになってしまうこともあったのです。
このような生活が続いているうちに、便秘のために便が硬くなり切れ痔になったのです。
激しいときには便器が鮮血で真っ赤になるほどでした。
さすがにその時は焦りました。
何とか切れ痔を治さなければいけない感じたのです。
私は薬局で初めて座薬を購入しました。
座薬を入れてしばらくの間は出血も止まるのですが、再び便が硬くなったりすると必ず出血してしまうのです。
切れ痔を根本的に治すためには便秘を治さないといけないと感じ始めました。
そのためには、ヨーグルトを毎朝食べるようにしたのです。
ヨーグルトに入っている乳酸菌が便秘を解消してくれると聞いたことがあったからです。
その当時は、ヨーグルトならどれも同じだと考えていました。
ですから、その日の気分でいろいろなヨーグルトを食べていたのです。
ヨーグルトを食べるようになって、以前よりは便意が起こるようになってきましたが、それでも2日か3日に1度程度です。
便は以前よりも柔らかくなったのですが、時々出血はしていました。
私はある時気が付きました。
特定のヨーグルトを食べた時には必ず便意があるのです。
そのヨーグルトには特別な乳酸菌が入っていることもその時わかったのです。
それ以来毎朝欠かさずそのヨーグルトを食べるようになりました。
そのお陰で現在は切れ痔も完治しています。
一時は切れ痔の手術をしようかと真剣に悩んだこともありました。
それが今ではとても快調なのです。

↓乳酸菌で腸のアンチエイジング

Copyright(C) 2012 善玉菌を増やす.com All Rights Reserved.